top of page

PMI日本支部女性コミュニティ 第22回 定例会 (2024.5.7) レポート





ゴールデンウィーク明けの開催となりました第22回の定例会では、ソーシャルインパクトについて活動を行うワーキングループ3にフォーカスし、「女性PMが出来るソーシャルインパクトって何?」をテーマに、ブレインストーミングを実施しました。

個人/社会と難易度高/低の四象限を軸に、実施できる案について長めのブレストをグループを分けて二回行いましたところ、一つのテーマについて深く会話でき、満足度が高かったと好評でした。それぞれのグループで、色々な案が出されましたが、関連する内容をグルーピング、紐付けしていった結果、二つの案が特に議論の対象となりました。

一つは、「防災の現場で活躍できる女性PMの育成」です。「女性防災士が全国に5万人いるが、活躍の場が限られている」といったメンバの問題提起に対し、「女性に地域活動での発言権がない」「災害現場での女性のセキリュティ確保が必要」「女性として必要な支援のアピールができていないのではないか?」と活発な意見が聞かれました。そして、「直接現場でボランティアに参加するのではなく、プロジェクトマネジメントを災害現場にも取り込めるようなイベントの企画などができれば、進めやすいのではないか」との方向性が出されました。

また、もう一つの案は「児童養護施設退所者への支援」です。「就労支援としての面接対策」「女性のライププラン相談」「助けとなる社会制度や法律の知識伝達」など、こちらも具体的な支援案に踏み込んで会話が進みました。

集中してブレストした後は、頭を切り替えて、少しライトなテーマに移り、昨今の物価上昇を踏まえて、「あなたの家庭の物価高対策」です。ふるさと納税の活用やポイ活、固定費のダウン、買い物回数の限定、オンラインモールのセールをチェックしないといった、思わずうなづいてしまうものから、「円安で外貨投資がすごいことになっている」という攻めのコメント、「対策はしない、受け入れる」といった意見もあり、驚きあり、笑いありの楽しいトピックになりました。

本日会話したソーシャルインパクトについての活動は、今後も継続的に検討を進め、女性リーダーならではの社会貢献につなげていきたいと思っています。

報告者:永井 麻実


閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page